松葉ガニとは

松葉ガニって?

カニは種類とは別に、どこの港で水揚げされたかによって、特別に名前がつけられ、ブランドになっている場合があります。特にズワイガニはこのようなブランドが多くあります。
大きくは、福井県で水揚げされた「越前がに」、そして松葉カニが有名です。

 

松葉カニは、鳥取、島根、兵庫、京都、つまりは山陰地方で水揚げされたズワイガニを言います。それぞれの港によって、さらにご当地ブランドを持っていることがあります。

 

例えば、隠岐諸島(島根)で採れたもの(のうち、状態のよいもの)を隠岐松葉ガニと呼ぶことがあります。また、津居山港(兵庫)で水揚げされると、津居山かにと言っています。京都の丹後半島にある間人漁港で水揚げされると、間人かに(たいざかに、です)、と名付けられます。

 

このブランドは水揚げされたカニの足にそれぞれのブランド毎に色の異なるタグをつけることで区別されることがあります。間人かには緑、津居山かには青、などです。

 

なお、松葉カニではありませんが、石川県で水揚げされると加能かにと言います。この加能かに、比較的最近使われるようになった名称なのです。同じように、これから先も松葉カニがもっと細分化していく可能性は十分にあります。

 

なお、このような水揚げされた漁港とは関係なく、マツバガニという蟹がいることには注意が必要です。こちらは房総半島から南、九州からオーストラリアに生息している蟹です。食べられている蟹ではありますが、ズワイガニである松葉カニとは種類が異なります。こちらは、あっさりとした淡白な味わいであるといわれます。

 

 

かに本舗 口コミ