タラバガニのおいしい食べ方.

タラバガニのおいしい食べ方.

タラバガニは、どのような状態のものが手元にあるか、によって美味しく食べるための方法が異なります。

 

まず、ボイルされたものが手元にある(届いた)場合にすべきことは、早く食べることです。鮮度が落ちると味も落ちてしまいます。どうしても保存する場合には冷凍します。なるべく急速に冷凍するのが望ましいので、ラップに包んだ上で冷凍庫のアルミ板に乗せるようにします。また、冷凍モノを入手した場合も同じですが、解凍は自然解凍が望ましいです。急いで流水等で解凍するのであればビニール袋に入れて行うのが鉄則です。

 

生きているものが手元にある場合には、そのまま刺身にしてもいいですし、切り分けて焼いても美味しいです。

 

焼く場合には、切り込みをいれた上で火にかけます。七輪やコンロの魚焼きなど直火で焼くのも美味しいのですが、ホットプレートでじっくり焼き上げるのもお勧めです。殻に焼き目がついたら、レモン汁等をかけていただきます。ただ、一般的な食べ方は茹でる方法です。茹でる場合には、まず甲羅をしっかりと洗った上で、内臓を取り出します。タラバガニのかに味噌は通常は食べませんので。

 

そして、全体が浸かるような鍋に、塩水を用意します。塩は海水ぐらいと言われることがありますが、多少薄めでもかまいません。ここで、およそ20分程度茹でることになります。

 

茹でたかにをそのまま、酢醤油に浸して食べるのも美味しいです。他の料理にまぜて使ってみるのも美味しいです。パスタやグラタンなどなど。

 

なお、タラバガニの甲羅や殻からダシをとったお味噌汁も美味しくいただけます。だしのとり方は簡単で、甲羅や殻をそのままお湯で10分程度煮込めば完了です。みりんと鰹ダシの元を加えて味噌汁にすると美味しいです。こちらも是非お試しください。

 

 

かに本舗 口コミ