かにしゃぶとカニ鍋のレシピ

かにしゃぶとカニ鍋のレシピの紹介

煮ても、焼いても、蒸しても美味しいカニですが、一番豪勢な食べ方と言えば鍋、ではないでしょうか。

 

カニの鍋といえば、かにしゃぶとカニ鍋(かにすき)です。ここでは、それぞれのレシピをご紹介させていただきます。

 

まずは、かにしゃぶから!

 

かにしゃぶは、カニの身をだし汁でしゃぶしゃぶするお鍋です。いざ始まってみると、しゃぶったり、食べたり、で大忙しなので、事前準備をしっかりと行うことが重要です。最初に、主役のカニですが、冷凍されていれば半解凍に戻します。
次にだし汁を用意します。使うのは昆布だしだけ。昆布は数時間、水につけておき、食べる三十分前くらいに、火をつけたら弱火で煮出します。

 

かには殻を外しムキ身にします。また野菜も切っておきます。これで準備は完了。まずはカニから食べ始めます。カニのエキスが溶け出したところで、野菜を投入。後はもう食べるだけ。かにの風味が染み込んだ野菜でお腹一杯になっていただきたいです。

 

次にカニ鍋です。

 

こちらは、昆布、鰹節、でだし汁を作ります。だし汁2リットルに、醤油、酒、みりん(以上各大匙4)、塩(ひとつまみ)で味付けします。こちらはかにに切り込みを入れ、食べやすいようにしておけば殻ごと鍋に投入してしまってOKです。
かにしゃぶとは、具材の投入順序が逆になり、野菜やキノコ、豆腐を先に入れ、火が通ったところでかにを入れます。かにに火が通り過ぎないうちに召し上がってください。

 

かにしゃぶ、かに鍋、どちらも締めには、かにと野菜のエキスがたっぷりでた汁で、雑炊にするのがお勧めです。

 

 

かに本舗 口コミ